FC2ブログ

有馬温泉の文化

ここでは、「有馬温泉の文化」 に関する記事を紹介しています。
◎ TOPフリーエリア

■この部分に好きな内容を記入してください

■フリースペースの説明
 ※このフリースペースは、エントリー記事部分以外に表示されます。
 ※広告を掲載したりブログの紹介など、ご自由にどうぞ!
 ※すべてのページに表示させたい場合には、
  <!--not_permanent_area-->~<!--/not_permanent_area--> の部分を削除して下さい。

今や私どものような観光地のショップでも定番アイテムになっているのが「風水グッズ」です。実を言うと売れるから置いているけどホントの所どうなんでしょう? そこで、今回は「風水」について調べてみました。すると有馬にまつわる意外な(?)事実が!
風水グッズ 
風水風水風水
  風水グッズ

元々「風水説」は古代中国(前漢頃)に起こった地理学でした。都市、集落、住居、墓、庭園を作る時に最適な場所や方向など選定する方法、空間デザインの手法とも言えるもので、「気」説、五行説、陰陽説、又それらに基づく周易に基づいています。

*五行説 物事の成り立ちを木火土金水の5種類の要素で説明しようとする説。当時知られていた太陽系の5つの惑星にその5つを当てはめその運動の関係性をすべての事象と対応させようとしました。例えば【木】は「東」「春」「緑」、【火】は「南」「夏」「紅」、【土】は「中央」「土用」「黄」、【金】は「西」「秋」「白」、【水】は「北」「冬」「黒」等。そして5つの要素がお互いを生かすようにバランスする事【相生】が良いとされました。

*陰陽説 すべての事象を「陰」と「陽」の2つの働きで解釈します。能動的な性質や、物事が分化・発展する過程を「陽」、受動的な性質や、分かれている物を統一し根源の状態に戻そうとする働きを「陰」とし、それぞれの働きをバランスさせることが良いとする。陰陽説によると男は陽で女は陰になります。又動的な水は陽で静的な山は陰です。陰陽説と五行説は中国の戦国時代頃に「陰陽五行説」へと統合されました。

*周易 陰陽の組み合わせでできる八卦と方位を対応させて吉凶を占う術。

風水説の根幹を成すこれらの理論は、日本にも、古くは仏教伝来と同時期に伝わり「陰陽術」として使われて来ました。平安時代の「陰陽師」安倍晴明は特に有名です。(但し「風水」なる言葉は後世の中国のものです。)

当店でも売っている風水カラーグッズも、どうやら意味的には風水説の根本理論である陰陽五行説における陰陽の「気」のバランスを取り、より望ましい環境を作り出す為のグッズのようです。(成る程!巧く考えたものですね。作る側、売る側はもちろん儲ける為なのに、購買者の気持ち一つで効果を発揮するんですから正に「気」!)

ところで地理学としての「風水説」の目的は、周囲の山・水を見て、「龍脈」に沿って地中を流れる「生気」が地上に湧き出だすところである「穴」、穴の前の「明堂」を選び、そこに何かを作り「生気」をあびて、幸福と繁栄を得ようというものです。地上に湧き出した「生気」は風に乗ると散らばってしまう。しかし水によって区切ればそこに留まるといった理屈を積み重ね理想的な立地を探し当てます。理想的な『蔵風徳水』の立地を表したのが山局図です。(「風水説」澁谷鎮明氏1994年より引用)「穴」は「主山」を背にして左側の山並である「青龍」、右側の山並である「白虎」に囲まれており、「生気」が風で散る事ガ有りません。又風水では、「穴」が2重3重に囲まれているのが良いとします。
山局図有馬温泉
        山局図                     有馬温泉

これって有馬温泉じゃありませんか!ご存知のように有馬温泉は三方を山に囲まれたすり鉢状の盆地で、わずかに北が開けています。北と南が逆である事を除き、まさに風水説の理想的立地である山局図通りの地形です。六甲山が「宗山」なら射場山は「主山」(稲荷神社が在ります)、真ん中の円錐型の愛宕山は「頭脳」その麓の「穴」から温泉「生気」が湧き出し、(金の湯、天神泉源他)湯泉神社、温泉寺、極楽寺、念仏寺など宗教的な建造物が集中しています。温泉街は「明堂」になります。左側の川は六甲川、右側の川は滝川です。二つの川は「水口」で交わり有馬川になります。「水口」付近には伝説の巨石「袂石」や「佛座岩」「亀の尾の滝」などがあります。「青龍」は灰形山、落葉山(山上に「妙見寺」があります。)「白虎」は歯朶ケ尾山(麓にかつて瑞宝寺が在りました。現在は公園が紅葉の名所です。)、鉄砲山です。「案山」にはかつて聖天堂がありました。

そしてそれらの陰陽的な条件を満たしていた事が、当『有馬トピックス』の「有馬温泉と桜」の記事でも述べたように過去に有馬全体が信仰の場であり霊場であった大きな理由かも知れません。何となれば、修行の必須要素でもある「滝」や「愛宕山」「天狗岩」「妙見堂」「聖天堂」など陰陽思想の影響を受けた神仏混合の山岳宗教である「修験道」の痕跡がやたら多いからです。(図は「見て聞いて歩く有馬」鷹取嘉久1996年)
有馬温泉 愛宕山
天神社より正面に愛宕山を望む  
  愛宕山頂上の「天狗岩」

「頭脳」である愛宕山は、有馬の中でも特に神秘的な場所で、一説には六甲山系の火山の一つであったとも言われています。頂上には火山の噴出によって生じたと思われる安山岩の岩塊「天狗岩」が横たわり、火の神愛宕のヒモロギ(神の宿る霊石)として大古から崇められて来たとも云われています(陰陽の影響以前)。又奈良時代以降は火伏神愛宕として修験者に信仰されています。
有馬温泉 愛宕山山上
愛宕山頂上の紅葉。すでに色付いていました。

他にも陰陽の影響を受けている物を探してみましょう。有馬への主な古道の入り口には、悪霊の進入を防ぐための法塔が今も建っており「南無妙法蓮華経」と刻まれていますし(古さは判然としません。一部は江戸時代の地図に既に載っています。)、天神社は、本温泉(現在の金の湯)の艮(丑寅、東北)に当たり本温泉の鬼門よけとなっています。調べて行く内に何と有馬の艮に当たる場所(現在わんわんランドの東の古道脇)にその名も「晴明地蔵」なるものが在る事が判明。完全に陰陽が意識されている!(恐らく安倍晴明。少なくとも江戸時代の地図には記載されています。現在は私有地内で立ち入り不可との事で未探査。)
有馬温泉 天神社
本温泉の鬼門よけとなっている天神社

現代に於いて「風水説」にどれほどの信憑性があるのか、全くの迷信なのかは分かりませんが、有馬の場合「生気」を「温泉」におきかえてみれば分かりやすく、少なくとも「不思議な効き目を持った温泉」によって命を与えられ、今も栄えている町である事を考えると、あながち的外れでも無いようにも感じます。「風水説」における「生気」は有馬においては「温泉」であったという実に分かり易いオチでいかがでしょう。
法塔
旧三田街道にある法塔(藤井清編「湯の花物語」)

追記 ご承知の通り、平成7年(1995年)1月17日に阪神淡路大震災が起きました。有馬温泉の被害報道はあまりされませんでしたが、実は有馬温泉を囲む東西の山の稜線にそびえる最新建築の最大級宿泊施設は、いずれも建て替えを要する大被害を受けました。それに対し有馬の街中では、屋根の重い寺院や神社が修復を要したくらいで、かなり古い木造3階建て建築ですら軽微な被害しか受けず今も健在です。

ひょっとしたら「青龍」と「白虎」が身をもって「明堂」である有馬の街を守ったのかも知れません!やっぱり当たってるのかも…
(有馬温泉の歴史に詳しい郷土史研究家藤井清さんにいろいろ教えていただきました。感謝)
6月の下旬になると、例年とり行われる催しに、念仏寺の『沙羅の花と一絃琴の観賞会』があります。有馬温泉観光協会の青年部の主催で、須磨琴保存会の方々にお越しいただき,風雅なお庭、樹齢300年近い夏椿(沙羅の木)の花と、趣きある一絃琴の演奏を観賞しようという2~3日限定の催しです。   白い花が朝咲いて夕べには散るといわれる夏椿は、『平家物語』で詠われる沙羅双樹「祇園精舎の鐘の音 諸行無常の響きあり沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす 」に重ね、沙羅の木といわれています。又須磨琴保存会のある須磨寺は平敦盛など平家一門の菩提を弔っており正にベストマッチ。
沙羅の花 念仏寺 
今年最初の一輪。周りにもたくさんの蕾が。

私も数年前まで観光協会の青年部部員(40歳で卒業です)だったので、接待係にかりだされ、お客様にお抹茶とお菓子をお出しするお役目をしていました。青年部員は皆、作務衣を着てちょこまかとお抹茶とお菓子をお出ししたり、飾ってある珍しいお茶花の名前をお教えしたりしますので、お客様の中には念仏寺の小坊主(?)だと思っておられる方もありました。お抹茶とお菓子の後、ご住職の面白くてありがたい法話をきき、お庭の沙羅の花を観賞しながら一絃琴の音色に聞き入ります。最後には参加者の皆様も含む全員で小学唱歌「青葉の笛」を歌います。毎年のようにスタッフとして裏方から聞いていましたので、唱歌など知らない世代の私でも覚えてしまいました。哀れを誘う美しいメロディーで、大好きなのでご紹介します。
念仏寺 念仏
 青葉の笛 作詞:大和田建樹 作曲:田村虎蔵
(明治39年発表)

1 一の谷の軍(いくさ)破れ 討たれし平家の 公達あわれ  暁寒き 須磨の嵐に  聞こえしはこれか 青葉の笛
2 更くる夜半に門を敲き わが師に託せし言の葉あわれ    今わの際まで持ちし箙(えびら)に残れるは「花や今宵」
の歌

 『平家物語』の一の谷の合戦におけるエピソードを歌にしたもの。一の谷で、源氏の武将熊谷直実が、海に逃れようとしていた平敦盛を呼び返し組み敷きました。顔を見ると、自分の息子と同じくらいの、まだあどけなさの残る少年だったので、見逃そうとしましたが、味方が近づいて着たので、やむなく首をはねました。後になって、熊谷直実はこの出来事に世の無常を感じ、出家したと伝えられています。
「青葉の笛」は敦盛が持っていた笛で、首をはねた熊谷直実が敦盛の親元に送り届けたと言われており、今でも須磨寺の宝物館に展示してあるそうです。子供を持つ親としては、胸の痛くなる話です。考えただけでウルウルきてしまいます。
沙羅の 一絃琴
念仏寺の沙羅の木
 念仏
 
念仏寺の「沙羅の花と一絃琴の観賞会」は毎年6月後半に開催されます。ぜひご参加ください。
お問い合わせは有馬温泉観光協会へどう。

いよいよ桜の季節を迎えました。おすすめのスポットを歴史的な事も交えてご紹介しましょう。

「金の湯」の前の石柱には「日本第一神霊泉」と書いてありますが、有馬温泉は古来、湯治場であると共に信仰の場、霊場でした。狭い谷間に今も神社、古刹がたくさんあります。昔の人は人智では計り知れない摩訶不思議で治癒効果のあるお湯を素直に神仏のなせる業と考え尊んだのでしょう。また同時に、見物をしたり宴を楽しんだりして非日常を味わう場でもありました。湯治、信仰、見物、宴がワンセットになっていたようで、そのしたたかなバランス感覚に日本人の真骨頂を見る思いがします。

 桜はそんな有馬に無くてはならない存在(ある意味小道具)でした。満開の桜は非日常を演出しますし、静かに散りゆく花をみて諸行無常や潔さを説くといった宗教的側面もあるからです。江戸時代に入り世の中が平和になると、桜は一機に普及し川の土手などに植えられる様になりました。品種改良も進み、社寺なども好んで珍しい種を境内に植える様になりました。そんな歴史的背景から有馬は桜の名所になっていきました。
有馬では善福寺の糸桜が特に有名です。樹齢300年近い大木でそれぞれ高さも10m、幹回り2m以上もある4本の糸桜は毎年ライトアップされ今も私たちを夢幻の世界へ誘ってくれます。春の風に桜吹雪が一斉に舞う姿は見事で、一瞬にして悟りも得られそうな程ありがたい眺めです。
zennpukuji
(写真は善福寺の軒下からの眺め。)

 「有明桜」は名所鼓ケ滝のほとりにあったといわれる1本の山桜の巨木で、江戸時代初期1672年の「有馬私雨」以来数々の随筆や紀行文に登場する有名な伝説の桜なので紹介しておきましょう。鼓ケ滝は平安時代から知られていた有馬名所(927年の「日本惣国風土記」にすでに記録されている。)なので、後に僧呂か里人によって植えられたのかも知れません。温泉場からも遠いのに、わざわざいろんな身分の湯治客や地元の子供らまでが花の下に繰り出し、歌を詠んだり、酒を酌み交わしたり、時の経つのも忘れ夜が更けても賑やかな宴を楽しんだそうです。今となっては古い本の挿絵から想像するしかありません。
sakura 
(絵図は1685年「有馬山温泉小鑑」の挿絵。2本の有明桜の下に湯女、僧侶、侍、など様々な人間模様が楽しく描かれている。) 

  当初知られた頃には有明桜は仲良く並んで2本あったと伝えられています。1本は先に枯死したのでしょうが、残った方はさぞかし寂しかったろうと思わず感情移入してしまいました。先人たちは後世のためと有明桜を植え継ぎましたが、戦後すぐ、ついに途絶えてしまいました。1993年に鼓ケ滝公園内に新たに4代目の若い「有明桜」が植樹されましたが今度こそ長生きして、後の世の人を楽しませて欲しいものです。まだ若く、見事な桜の風景を期待すると少々がっかりかもしれませんが、そういった歴史的な背景を知った上で観に行くのも趣き深いのではないでしょうか。

 有馬川沿いのソメイヨシノは戦後に有馬温泉観光協会が植えたものですが、たくさんの桜並木が一斉に川面に向かって垂れ下がる姿は圧巻です。太閤橋から下流を眺めても、下流の公園橋から眺めてもすばらしく、その間の川沿いの道は「さくらの小径」と呼ばれています。吉高屋からもすぐの場所なのでお勧めです。
img_news03.jpg 
(写真は公園橋からの眺め。)

  そのほかにも古刹が軒を連ねる寺町界隈や瑞宝寺公園への参道沿いのソメイヨシノや有馬ビューホテルの敷地内の各種の桜、時期的に少し遅れて咲く川崎重工泉郷荘の八重桜などがきれいです。また当店敷地内にある若い糸桜は善福寺様より子株を頂戴したもので小さいながら毎年花の数が増えており当店主にとって、楽しみの一つです。
img_news04.jpgimg_news05.jpg
  情緒たっぷりの古い絵葉書(写真)の桜並木は、写真に写っている木造3階建ての旧兵衛旅館本館共々今はもう無く少々残念です。
(文中の歴史的な内容は郷土史研究家藤井清氏の著作を参考にさせていただきました。)
   
今年も桜に包まれた有馬の街をじっくりとご散策下さい。