FC2ブログ
名湯有馬温泉の歴史・文化に関する興味深い話や古写真などを、有馬温泉にある明治創業の土産物店吉高屋店主が趣くままに調べて紹介します。
◎ TOPフリーエリア

■この部分に好きな内容を記入してください

■フリースペースの説明
 ※このフリースペースは、エントリー記事部分以外に表示されます。
 ※広告を掲載したりブログの紹介など、ご自由にどうぞ!
 ※すべてのページに表示させたい場合には、
  <!--not_permanent_area-->~<!--/not_permanent_area--> の部分を削除して下さい。

昔の写真を見ていると引き込まれてしまいそうになりませんか?
写真で見る昔の有馬温泉。私ども有馬で生まれ育っている者でも全然知らなかった有馬の街がそこにあります。同じ場所なのに人は少しずつ入れ替わって行きます。100年も遡れば同じ場所に住んでいる人でさえ知らない人ばかりです。どんな人がどんな思いを持って有馬に来て、温泉に入ったのでしょう。又住んで商いをしていたのでしょう。一枚の古い写真の片隅から昔の世界にタイムスリップしてみましょう。今回は有馬の街並みを俯瞰した写真をご紹介します。
有馬温泉俯瞰写真明治30年頃か。太閤通りは川でした。長閑でいいですね。(建物の名前は当方の推測で入れていますので、もし間違っていたらお許しを。又ご指摘をいただければ幸いです。)(その後、御所坊手前の太古橋の素材形状から明治24年以前である事が判明しました。)

有馬温泉俯瞰写真《明治30年代頃》 絵葉書です。上の写真より左上流側から。僅かの間に建物が増えています。手前に奥の坊、中の坊、愛宕山麓にキング・ジョージホテルが出来ています。

有馬温泉俯瞰写真《明治40年代頃》善福寺上からの眺め。下大坊右の別荘は今のカフェ・ド・ボウの場所。

有馬温泉俯瞰写真雪景色が良く似合います。下大坊(今の山下薬局)と本温泉の間の二階坊が後に立ち退き道幅が拡張されました。
有馬温泉俯瞰写真《大正後期》落葉山より。有馬が六甲山の山腹に位置するのが良くわかるような映り方です。

有馬温泉俯瞰写真《昭和初期》右山腹に炭酸ホテルが見える
有馬温泉俯瞰写真
《昭和20年代》絵葉書。本温泉右の一帯が、火災により焼け跡になっている。次回も違った角度から昔の写真を紹介します。

スポンサーサイト